タイトル.jpg
前言

 

大分以前にHP上発表を予告したままで、忙しさにまぎれて、

羊頭を掲げたまま、狗肉も売らぬ始末となっていました。

漸く少しぐらいは再び駄筆を弄する暇もみつけられそうな気配なので、

チョットずつやってみようかと思います。昔噺の繰り言は老人の特権。

振り返るに早すぎる年齢(とし)ではないので、乞御容赦。

第 一 章
​稚きころ
第 一 章
​稚きころ
第 二 章
​青年時代