講演案内

 

講演依頼受付
TEL 075-525-3921

去年のテーマ

井伊×島津

昨年のテーマ

 

「本物の井伊直虎」

「井伊次郎直虎と次郎法師」

「勘違いされた井伊直虎」

既講演の主な内容

 

「井伊家の全てを語る」

「合戦の実際」

「サムライの実際」

「武士と武道」

「赤の備え」

「まちがいだらけの時代劇」

「甲冑武具の実際」

今だから​話せる井伊直弼の真像」

「剣と鎧と歴史と」

「戦国の合戦と甲冑武具の実際

  ―武田遺臣軍団井伊家を中心に―」
「井伊直弼の虚と実―史的雑話として―」

「合戦」 

他、彦根郷土史研究会に係る講演、

及び井伊美術館、甲冑史学研究会、歴史裏話等多数

テレビ出演

★NHK BSプレミアム 「ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~」 

  独裁者か?英傑か?~大老 井伊直弼~

  29年11月16日放送

★NHK World 「コア京都」 

  Kyoto Braided Cords: Bit Players That Shine(京都の組紐)

  29年10月5日放送

★NHK BSプレミアム「英雄たちの選択」

  関ヶ原・抜け駆けか同士討ちか?井伊直政の決断

  29年6月22日午後9時~

★NHK Eテレ「先人たちの底力 知恵泉」

  桜田門外ノ変 〜徳川斉昭と井伊直弼〜

  29年3月7日(前編)、14日(後編)夜10時〜放送

★NHK Eテレ 歴史秘話ヒストリア 

  「これがスピード出世の真実だ!井伊直政人生名場面ベスト5」

  29年2月17日

​講演

★鯖江市まなべの館 特別展「越前戦国演義ー戦雲の果てにー」内講演

  井伊直政・直虎 そして忠直卿 -武辺徒然草-

  29年10月14日

 

 

★サロン・ド・K主催 「井伊直虎の裏表」ー直政から直弼までー

  29年7月14日18時〜 グランフロント大阪ナレッジサロンにて

過去の講演概要

長篠城趾史跡保存館 井伊館長講演 平成27年8月30日(日)13:30〜15:00 於:新城市開発センター(旧鳳来開発センター)3階大会議室

第一回歴史講座 井伊館長講演報告
「戦国の合戦と甲冑武具の実際―武田遺臣軍団井伊家を中心に

講演要旨

(1)武田と井伊両氏のゆかり

(2)中世の終焉・近世の幕開きー時間の軽重ー

(3)甲冑武具の変遷と実用性

・中世的甲冑から近世具足へ

(4)軍編成

・戦争支度・物見・大将と影武者・騎馬と徒士・戦斗者と補助者

(5)戦いの実際

・大将の心得・馬の重要性・槍と刀・首狩族・夜討・朝駆・分捕りと盗み・首取りと首盗り

(6)戦国のさむらい道

・奉公ということ・主従の義理・引込(籠)・男をたてるーとは

 

その他…

当日はあいにくの雨天にかかわらず、聴講者117人余りの盛況。歴史好きの人々の熱意を感じながら話の内容は予告の通り。あっという間の1時間半で、時間的にはもう少し余裕がほしいといったところでした。
戦場の悲惨非情の現実の話、たとえば首をとったときの処置など、また刀剣甲冑の実用性等についての事柄は皆さん特に目からウロコだったようです。
長篠は35年ぶりに再訪(「山縣昌景家と竹広火おんどり展」に史料 出展協力・平成23年7月)以来4年ぶりのことでしたが、改めて歳月の無常な速さを痛感したことでした。

 

(今回のお招きに当っては山内祥二長篠城址史跡保存館前館長や関係者の方々に大変お世話になりました。子供達もまさかのお城再見で雀躍でした。篤くお礼申し上げます)

© 2019 井伊美術館 All rights reserved

京都市東山区花見小路四条下ル4丁目小松町564  TEL 075-525-3921  FAX 075-531-5121

 

C)井伊美術館
当サイトにおけるすべての写真・文章等の著作権・版権は井伊美術館に属します。コピーなどの無断複製は著作権法上での例外を除き禁じられています。本サイトのコンテンツを代行業者などの第三者に依頼して複製することは、たとえ個人や家庭内での利用であっても著作権法上認められていません。
*当サイト内において、「館蔵品」と明記されている資料以外は外部からの調査預託品です。
 預託品の写真類掲載についても、その処置を当館が一括委任されています。
 無断で使用・転載することを禁止します
*当サイト上における当館寄託品等の写真を無断で転用し、架空の売買に利用する人がいるようです。
 インターネットを介した取引の際には十分御注意下さい。
*動作環境、スマートフォン及び携帯電話からの閲覧ではレイアウトが崩れる場合があります。

◆おしらせ
・甲冑武具関係歴史文書史料類考証鑑定致します。

  くわしくは当館までお尋ね下さい。

 (場合によってはお受けできないことがあります。)
・当館では手紙・文書・メールによる一方的な質問等にはお答えできませんので
 宜しく御了承下さい。