タイトル.jpg
第二章 「社会へ出て」
​ー壱ー

 醒ヶ井から国道八号線を少し東下し、不破関をこえると、かの天下分け目の大戦で不朽の名を残した関ヶ原に至る。少年時代から社会人になって今、この老境に到るまでこの地には何度足を運んだことだろう。数えきれない。

 最初は、やはり古戦場めぐりであったことは違いないが、それが、いつであったか、もうわからない。古戦跡よりも、感動的な視覚の現実として、私の記憶に残されているのは、竹中家ゆかりの甲冑である。それは関ヶ原町の公民館に飾られてあって、彦根城にあった井伊美術館の朱具足が鎧、兜における唯一と言っていい既成の主知識である私にとっては鮮烈な嬉しい衝撃を与えてくれた。

 公民館は関ヶ原駅からの旧中仙道を右へ折れ少し行って左へ曲ったところ辺りにあったと思う。建物がどんな形をしていたのか、覚えていないが、ごく平凡な平屋建であったかと思う。

 そこに具足が数点、おそらく二〜三領飾ってあった。他にも関係した武器類があったかも知れないが、印象に残っているのは、その内の二領である。一領は星兜の紺糸とおぼしき総毛引の具足、もうひとつは包革仏胴の具足である。ふたつながら竹中家ゆかりの品だが、特にもうひとつの方に私は釘付けになった。その具足が竹中半兵衛重治所用と木札に書かれて示されてあったことと、その胴の文様のいかにも桃山風らしい意匠。更にその上に変わり型の兜がのせられていたからである。

令和元年 06.10

© 2019 井伊美術館 All rights reserved

京都市東山区花見小路四条下ル4丁目小松町564  TEL 075-525-3921  FAX 075-531-5121

 

C)井伊美術館
当サイトにおけるすべての写真・文章等の著作権・版権は井伊美術館に属します。コピーなどの無断複製は著作権法上での例外を除き禁じられています。本サイトのコンテンツを代行業者などの第三者に依頼して複製することは、たとえ個人や家庭内での利用であっても著作権法上認められていません。
*当サイト内において、「館蔵品」と明記されている資料以外は外部からの調査預託品です。
 預託品の写真類掲載についても、その処置を当館が一括委任されています。
 無断で使用・転載することを禁止します
*当サイト上における当館寄託品等の写真を無断で転用し、架空の売買に利用する人がいるようです。
 インターネットを介した取引の際には十分御注意下さい。
*動作環境、スマートフォン及び携帯電話からの閲覧ではレイアウトが崩れる場合があります。

◆おしらせ
・甲冑武具関係歴史文書史料類考証鑑定致します。

  くわしくは当館までお尋ね下さい。

 (場合によってはお受けできないことがあります。)
・当館では手紙・文書・メールによる一方的な質問等にはお答えできませんので
 宜しく御了承下さい。