November 8, 2019

本日より下記の品を展示しております。

紅糸威本小札二枚胴具足 明智光秀所用

近景刀(備州長船住近景造) 明智光秀所用

河内 銘 有成太刀(金剛寺旧蔵 伝・楠木正成最期の太刀)

も再展示しております。

※4月15日より開催しておりました、

「伝世寶刀と霊甲」—坂上田村麻呂から徳川慶喜までー

につきましては、光秀具足先行展示につき前倒しで終了させていただきました。

たくさんのご来館、ありがとうございました。

来館の際は、前々日・前日にお電話にて一報ください。

個人の施設につき、一週間より先の予定についてはお答えしかねる場合がある旨、

了承いただくようお願いします。

※開館日などのメールでのお問い合わせはご遠慮ください。

November 6, 2019

明智光秀具足(紅糸縅本小札二枚胴具足–明智光秀所用–)と、関連の刀剣類を令和1年11月11日(月)より当美術館にて展示します。

具足につきましては

令和2年1月11日から2月20日まで福知山市佐藤太清記念美術館(光秀ミュージアム)、

令和2年3月20日から5月10日まで福井市郷土歴史博物館

にて巡回展示が決定しており、

今回はそれらに先駆けての特別展示となります。

※当館は不定休ですので、必ず来館予定の前々日・前日までに電話をお願いします。

※メールでのお問い合わせはご遠慮ください。

October 24, 2019

令和二年より開催予定の、「明智光秀とその周辺」特別展に先駆け、

基調随論となる「明智光秀の光と影」を公開します。

現在の展示は11月15日をもって終了しますが、

11月初中旬より、既報にてお知らせしていた

光秀の甲冑を、福井市立郷土歴史博物館の展示に先駆けて公開します。

※観覧希望の方は、電話をもってご予約いただきます様お願いします。

※備州長船近景、秋広は来年特別展にて再度展示予定となります。

October 15, 2019

大阪城天守閣で現在開催されている、特別展「豊臣外交」に出展協力しました。

August 6, 2019

読売新聞8月6日の朝刊社会面で、現在先行展示中の「備州近景」について報道されました。

皆さまぜひご覧ください。

読売新聞 8月6日朝刊 社会面

当館は開館日が不定期のため、御来館の際は必ず御電話にて御確認ください。

臨時休館又は一定員にて締め切りの場合があります。

御予約済みの方も御来館前に念の為御電話にて御確認をお願い致します。

※メールでの御連絡は御遠慮ください。

July 30, 2019

明智光秀の縁の備州長船近景刀は当八月より暫時先行展示の予定です。

(本展は令和二年一月より開催の特別展です。)

July 30, 2019

当館は開館日が不定期のため、御来館の際は必ず御電話にて御確認ください。

臨時休館又は一定員にて締め切りの場合があります。

御予約済みの方も御来館前に念の為御電話にて御確認をお願い致します。

 ※メールでの御連絡は御遠慮ください。

July 24, 2019

「明智光秀と関係史料コーナー」にて「再び世に出た光秀愛刀『近景』」を本日一挙掲載いたしました。

明智光秀の愛刀「備前近景」についての貴重な史料が詰まった記事です。

皆さまぜひ一度ご覧ください。

July 22, 2019

「明智光秀と関係史料コーナー」にて順次更新していた「秘匿された光秀の由緒刀(秋広・近景をめぐって)—— 贈答事情から窺われる明智光秀の人間性 ——」が本日更新分で完結いたしました。

「再び世に出た光秀愛刀『近景』」につきましては、後日公開を予定しております。

どうぞお楽しみにお待ちください。

July 18, 2019

HPにて後日公開予定としていた「明智光秀刀剣コーナー」を改題し「明智光秀と関係史料コーナー」として、本日開設いたしました。

「明智光秀と関係史料コーナー」では​「再び世に出た光秀愛刀「近景」」や「​秘匿された光秀の由緒刀(秋広・近景をめぐって) —— 贈答事情から窺われる明智光秀の人間性 ——」というタイトルで記事を順次公開いたします。

(※現在成稿中のため、一部のみの公開となっております)

皆さまぜひご覧ください。

Please reload

© 2019 井伊美術館 All rights reserved

京都市東山区花見小路四条下ル4丁目小松町564  TEL 075-525-3921  FAX 075-531-5121

 

C)井伊美術館
当サイトにおけるすべての写真・文章等の著作権・版権は井伊美術館に属します。コピーなどの無断複製は著作権法上での例外を除き禁じられています。本サイトのコンテンツを代行業者などの第三者に依頼して複製することは、たとえ個人や家庭内での利用であっても著作権法上認められていません。
*当サイト内において、「館蔵品」と明記されている資料以外は外部からの調査預託品です。
 預託品の写真類掲載についても、その処置を当館が一括委任されています。
 無断で使用・転載することを禁止します
*当サイト上における当館寄託品等の写真を無断で転用し、架空の売買に利用する人がいるようです。
 インターネットを介した取引の際には十分御注意下さい。
*動作環境、スマートフォン及び携帯電話からの閲覧ではレイアウトが崩れる場合があります。

◆おしらせ
・甲冑武具関係歴史文書史料類考証鑑定致します。

  くわしくは当館までお尋ね下さい。

 (場合によってはお受けできないことがあります。)
・当館では手紙・文書・メールによる一方的な質問等にはお答えできませんので
 宜しく御了承下さい。