June 27, 2019

 明智光秀所用刀と伝承をもつ「暦応」年記のみのこされ、作銘、所持銘全てを意識的に削り取った伝近景は、この度再発見された近景とは別物です。

 尚、作銘までも削り取られてしまった行為について、刀剣故実の大家福永酔剣氏は「日本刀大百科辞典」中において、理解に苦しむと述べています。

June 27, 2019

 再発見という表現についてお尋ねがあるようですが、この近景は元明智光秀の家来であった彦根藩重臣家の宝物台帳中に伝来明細が詳しく記載されていた刀で、維新後所在を失っていましたが、今回発見されましたのでそのような意味で「再発見」と表現したものです。

 詳しくは改めてお知らせ致します。

June 26, 2019

 明智光秀の愛刀といわれ、江戸時代井伊家臣の家に伝えられていた「備前近景」の太刀が再発見されました。

 来年の井伊美術館特別展「明智光秀とその周辺」にて、甲冑や刀剣類と共に公開の予定です。

 なお、光秀の甲冑については、福知山市、福井市、当館各3箇所の美術館巡回展予定です。

May 24, 2019

仮題「明智光秀とその周辺」

光秀の遺物である刀剣と甲冑を中心に、信長・秀吉・家康あるいは朝倉氏など、かれを取りまく周辺人物にもスポットを当ててみたいと思います。

本館特別展は館長研究執筆専念のため、上記令和二年特別展をもって終了いたします。

以後は常設展のみとし、テーマは設けませんが数少ない甲冑武具専門美術館として、展示をより充実させてゆく方針です。

May 10, 2019

 今回の特別展は、通常の鎧や兜の他に、有成や吉家そして安綱など平安の生ぶ茎在銘太刀を展示しています。それも間近に見ることができるので、大変喜んでいただいている様です。おかげで、開催者である私方関係者の方々や出品協力者も開催してよかったと思っています。ただ、近頃従来より更に資料調査研究の案件が増え、休館日が多いということです。このような制約は個人美術館のやむなきところで、どうかご了承願いたいと存じます。ご来館は必ずHP上の開館日をご覧の上、メールまたは電話にてご予約下さいます様お願い致します。

 なお、御要望が多いので、石切丸の兄弟刀「有成太刀」の展示延長を検討中です。

お客様のよろこんでいただいたお便りの一例を掲示させていただきます。

稲葉和久様(兵庫)

本日は貴重な歴史的遺産の数々を拝見させて頂き、感動させて頂きました。

有難うございます。心から感謝申し上げます。次回もまたお伺いしたいと心から思いました。

第2回の開催、心待ちにしております。

        (ご本人の了承を得て、発表しています。ありがとうございます。)

April 16, 2019

当館は寄託された甲冑刀剣武具類の調査考証研究を専門にしています。

その関係上、不定の休館日があります。

開館日はH P上に公開していますが御来館の際は、尚念のため必ず御電話にて御予約の上おこし下さいますよう、お願い致します。

December 29, 2018

名将勇士への追慕

伝世寶刀と霊甲

ー坂上田村麿から徳川慶喜までー

平成31年の特別展は日本唯一振とされてきた「石切丸有成」の兄弟太刀、もう一振の有成(正真在銘2尺5寸余生茎、伝楠正成最期の太刀ー正成関係寺院旧蔵)の発見に因んで、開催以来20年ぶりの刀剣主体の特別展となります。超一流武将、伝統名家の歴史由緒刀が全国から集います。幕明けはまず「有成」そして「吉家(三条)・伝 鵜丸」から!

御期待ください。

開催 平成31年4月15日~11月15日

太刀銘有成

(楠正成所佩ー河内国金剛寺旧蔵)

鉄四十二枚張二方白星兜鉢

伝・楠正成所用(鎌倉時代)

October 9, 2018

従四位下侍従に任ぜられ備中守を称した最初の正月(正徳一二年)に自ら祝して画いた旭日寿鶴の画。このあと、直惟は若くして逝った直恒のあとをつぎ彦根、井伊家第八代藩主となった。(代数は従来の誤った数え方を用いず、正史に従っている)

>>掲載ページはこちら<<

October 3, 2018

館長による新連載『夢冑幻甲譚』が始まりました。現在、第一章 幼年時代の壱〜参まで更新されています。

今後も随時更新予定ですので、是非ご覧ください。

詳しくはメニューの連載欄

または

>>こちらから<<

August 19, 2018

著者蒐集による貴重資料写真満載!

井伊直弼史記―若き日の実像―

井伊達夫 著

四六判・350ページ

ハードカバー 箱入り

(グラビア カラー8ページ+モノクロ8ページ、本文72枚 計98枚) 

10,080円(本体9,000円+税720円+送料360円)

来館者特別価格 8,000円(税込)

未発表文書資料及彦根城周辺古写真類(昭和30年代著者撮影分含む)満載。

一般書店では販売しません。

ご注文は著書紹介ページのメールフォームより【タイトル】【冊数】を明記のうえお問い合わせください。

折り返し詳細についてご連絡します。

なお、ご送信から3日以内に返信がない場合は、お手数ですが再度お問い合わせをお願いします。

Please reload

© 2020 井伊美術館 All rights reserved

京都市東山区花見小路四条下ル4丁目小松町564  TEL 075-525-3921  FAX 075-531-5121

 

C)井伊美術館
当サイトにおけるすべての写真・文章等の著作権・版権は井伊美術館に属します。コピーなどの無断複製は著作権法上での例外を除き禁じられています。本サイトのコンテンツを代行業者などの第三者に依頼して複製することは、たとえ個人や家庭内での利用であっても著作権法上認められていません。
*当サイト内において、「館蔵品」と明記されている資料以外は外部からの調査預託品です。
 預託品の写真類掲載についても、その処置を当館が一括委任されています。
 無断で使用・転載することを禁止します
*当サイト上における当館寄託品等の写真を無断で転用し、架空の売買に利用する人がいるようです。
 インターネットを介した取引の際には十分御注意下さい。
*動作環境、スマートフォン及び携帯電話からの閲覧ではレイアウトが崩れる場合があります。

◆おしらせ
・甲冑武具関係歴史文書史料類考証鑑定致します。

  くわしくは当館までお尋ね下さい。

 (場合によってはお受けできないことがあります。)
・当館では手紙・文書・メールによる一方的な質問等にはお答えできませんので
 宜しく御了承下さい。