​松平忠直

井伊美術館特選ギャラリー​

緋威五枚胴具足

緋威五枚胴具足

松平忠直が大坂の陣に着用した具足で、兜鉢裏にその由緒を記した貼紙がある。兜も胴も全てが厚手に作られた大変重量のある具足で、鉄炮の試射をして堅牢性を確認してから着領されたものである。  兜と胴に越前の甲冑師長曽祢利光の作銘が刻されている。利光作の一領揃いの甲冑は現在のところ本品のみである。 (調査寄託品)

葵紋入佩刀

葵紋入佩刀

虎徹はもと越前の甲冑師であったが、中年から刀工に転じたとされる。本刀は初ぶ(後、少し摺り上げ)の無銘であるが、これは持主の身分を考慮して当初から銘を入れてないものである(辻本直男『葵紋孝』)。  同様の彫刻をした虎徹在銘の短刀が存する。虎徹の作品としては最初期に属するもので、松平忠直晩年の佩刀であったと推察される。 (調査寄託品)

松平忠直像

松平忠直像