森忠政

井伊美術館特選ギャラリー​

森忠政は有名な森長可(鬼武蔵)、蘭丸、坊丸らの一番末の弟で、

兄弟中唯一戦死せず生涯を全うした戦国武将。愛馬「百段」は長兄長可の遺愛馬だったが、大坂の陣に老馬ながら忠政を乗せて出陣した。

異形頭形の「天」の字は、忠政の馬印の文字と同じで、「天道」ないし「天満大自在天」を指すという。

​具足櫃にも笹紋があり、胸板の鶴丸紋と共に森氏の代表家紋である。戦国桃山の正真遺品として重要な甲冑である。

菱綴佛胴具足(伝・森忠政所用)

菱綴佛胴具足(伝・森忠政所用)

馬印と同紋の"天"の文字

馬印と同紋の"天"の文字

櫃

鎧櫃の根笹紋

鎧櫃の根笹紋

仏胴上部の鶴丸紋

仏胴上部の鶴丸紋