仙石権兵衛

井伊美術館特選ギャラリー​

​仙石秀政所用・佛二枚胴具足

仙石秀久が小牧長久手役に着用し、のち関係寺社に献納されたと伝える佛二枚胴具足。兜は冬瓜形。時代特有の簡略化された変り兜である。

秀久は秀吉の最古参の武将で、姉川の戦いで名を馳せてからは淡路攻略、賤ヶ岳の戦いで確実に地位を固めた。九州攻略の一端である戸次川の戦いで失態を犯し蟄居の身となるも、小田原の役では見事に汚名返上を果たし、のちのちまで徳川家からも厚い信頼を得た。

櫃の内外に、後孫の筆になる由緒書が複数貼付されている。

実に堂々とした当代を代表する実戦用甲冑である。

仙石秀久所用佛二枚胴具足

仙石秀久所用佛二枚胴具足