★再発見された近景と「暦応」の近景について

 明智光秀所用刀と伝承をもつ「暦応」年記のみのこされ、作銘、所持銘全てを意識的に削り取った伝近景は、この度再発見された近景とは別物です。

 尚、作銘までも削り取られてしまった行為について、刀剣故実の大家福永酔剣氏は「日本刀大百科辞典」中において、理解に苦しむと述べています。