★時代考証担当者も見解割れる(週刊ポスト記事より)

January 11, 2017

 

 

おんな城主直虎は男?問題、時代考証担当者も見解割れる

 

「『おんな城主 直虎』は『男』だった!?」──本誌昨年12月23日号が報じた記事が、1月8日から放送予定のNHK大河ドラマに激震を与えている
 

(中略)


…大河の時代考証を務める小和田哲男・静岡大学名誉教授は、新聞各紙で「直虎が女性であることを否定するものではない」(静岡新聞ほか)ときっぱり否定し、事態の沈静化に努めた。

 では、もう一人の時代考証担当者、戦国史研究者の大石泰史氏はどう考えているのか。本誌が直撃すると、

「直虎に関しては史料が少なかったので、時代考証する上で、新史料が出てきた意義は大きい」

 と意外にも肯定的なのだ。

「新史料は1ページしか公開されていないので、まだ結論を出すことはできませんが、全体を検証した結果、“直虎が女だった”という説も覆る可能性がある。そもそも戦国武将・井伊直盛の娘である『次郎法師』が成長して武将『次郎直虎』(井伊直虎のこと)になるという根拠は、極端に言えば同じ『次郎』という名前だったからというだけです。新史料に関する推論には疑問も残りますが、今後、さらなる史料が出てくれば男だったという結論もあり得ます」

 なんと、時代考証の担当者の間でも、「女説」と「男かも説」で見解が割れつつあるのだ。NHKは「ドラマはあくまでもフィクション」(広報局)と説明するが、いっそ男女両パターンで撮り直す?

※週刊ポスト2017年1月13・20日号

 

http://www.news-postseven.com/archives/20170108_480731.html

Please reload

© 2019 井伊美術館 All rights reserved

京都市東山区花見小路四条下ル4丁目小松町564  TEL 075-525-3921  FAX 075-531-5121

 

C)井伊美術館
当サイトにおけるすべての写真・文章等の著作権・版権は井伊美術館に属します。コピーなどの無断複製は著作権法上での例外を除き禁じられています。本サイトのコンテンツを代行業者などの第三者に依頼して複製することは、たとえ個人や家庭内での利用であっても著作権法上認められていません。
*当サイト内において、「館蔵品」と明記されている資料以外は外部からの調査預託品です。
 預託品の写真類掲載についても、その処置を当館が一括委任されています。
 無断で使用・転載することを禁止します
*当サイト上における当館寄託品等の写真を無断で転用し、架空の売買に利用する人がいるようです。
 インターネットを介した取引の際には十分御注意下さい。
*動作環境、スマートフォン及び携帯電話からの閲覧ではレイアウトが崩れる場合があります。

◆おしらせ
・甲冑武具関係歴史文書史料類考証鑑定致します。

  くわしくは当館までお尋ね下さい。

 (場合によってはお受けできないことがあります。)
・当館では手紙・文書・メールによる一方的な質問等にはお答えできませんので
 宜しく御了承下さい。