★ドラマには関係のない 近年定説化の井伊直虎=次郎法師説の大きな問題点

December 30, 2016

ドラマには関係のない

近年定説化の井伊直虎=次郎法師説の大きな問題点

 

①断定の史料検証がなされていないまま、史学上定説化されてしまっていること。

 

②『井伊家伝記』は江戸中期に書かれたものであるが、そこには善意の作為・虚構がある。

にもかかわらず、近頃の史家がこれを信じ史料採用したこと(但、この書にさえ直虎の名は出てこない―短絡)。その結果井伊直虎物語即次郎法師のことは殆ど全てこの書冊を典拠としてしまった。

 

③永禄11年8月4日付、「関口氏経」より「井次」宛文書中「井主」を井伊家の当主とし、「井次」を同人、すなわち次郎法師還俗後の井伊次郎とし、同年11月9日付関口氏経、次郎直虎の直虎を「井次」すなわち井伊次郎直虎とした。

結論的には以下のごとくである。

次郎法師=井次=井伊次郎=次郎直虎

 

(以上は一通しか伝存しない井伊直虎文書をもって、想像的に二人の人間を一人につなげてしまった短絡的誤解、勘ちがいの結果である。)

Please reload

© 2019 井伊美術館 All rights reserved

京都市東山区花見小路四条下ル4丁目小松町564  TEL 075-525-3921  FAX 075-531-5121

 

C)井伊美術館
当サイトにおけるすべての写真・文章等の著作権・版権は井伊美術館に属します。コピーなどの無断複製は著作権法上での例外を除き禁じられています。本サイトのコンテンツを代行業者などの第三者に依頼して複製することは、たとえ個人や家庭内での利用であっても著作権法上認められていません。
*当サイト内において、「館蔵品」と明記されている資料以外は外部からの調査預託品です。
 預託品の写真類掲載についても、その処置を当館が一括委任されています。
 無断で使用・転載することを禁止します
*当サイト上における当館寄託品等の写真を無断で転用し、架空の売買に利用する人がいるようです。
 インターネットを介した取引の際には十分御注意下さい。
*動作環境、スマートフォン及び携帯電話からの閲覧ではレイアウトが崩れる場合があります。

◆おしらせ
・甲冑武具関係歴史文書史料類考証鑑定致します。

  くわしくは当館までお尋ね下さい。

 (場合によってはお受けできないことがあります。)
・当館では手紙・文書・メールによる一方的な質問等にはお答えできませんので
 宜しく御了承下さい。